HOME > 研究トピックス > 【受賞】 毒性学分野の修士課程2年 髙橋 秀樹氏が日本薬学会第133年会にて優秀発表賞を受賞
2013.03.30
【受賞】 毒性学分野の修士課程2年 髙橋 秀樹氏が日本薬学会第133年会にて優秀発表賞を受賞

・概要
 日本薬学会第133年会(平成25年3月27日~30日)
 「マウス系統を加味したナノマテリアルのNano-Safety Science研究の重要性」
 優秀発表賞(ポスター)
 髙橋 秀樹(毒性学分野の修士課程2年)

 我々の研究室では、素材・物性の異なる様々なナノマテリアルや、遺伝的背景の異なるマウスを用い、ナノマテリアルの安全性情報を幅広く収集するナノ安全科学研究を推進しています。今回我々は、既に化粧品や食品などに利用されている粒子径70 nmの非晶質ナノシリカを、系統の異なるマウスに高用量静脈内投与し、系統間での生体影響の違いを比較評価しました。本検討を通じ、ナノマテリアルの安全性評価における遺伝的背景を加味した検討の重要性を示したことにより今回の受賞に至りました。

受賞した修士課程2年 髙橋 秀樹氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University