HOME > 研究トピックス > 【受賞】 薬品製造化学分野の博士前期課程1年 鎌田 泰正氏が日本薬学会第133年会にて優秀発表賞を受賞しました
2013.03.30
【受賞】 薬品製造化学分野の博士前期課程1年 鎌田 泰正氏が日本薬学会第133年会にて優秀発表賞を受賞しました

・概要
 日本薬学会第133年会(横浜) (平成25年3月27日~30日)
 受賞発表タイトル「Napyradiomycin A1の全合成研究」
 優秀発表賞(口頭)
 鎌田 泰正(薬品製造化学分野 博士前期課程1年)
 
 ウメザワ、ホリらによって単離されたNapyradiomycin A1は、放線菌が産生するピラノナフトキノン型抗生物質であり、多剤耐性グラム陽性菌に対して強力な抗菌活性を示すことが知られております。我々は、独自のジクロル化手法と塩素原子活性化を足掛かりとする四置換炭素構築を鍵として、Napyradiomycin A1の骨格分子に至る化学合成経路を開拓することに成功しました。

受賞した博士前期課程1年 鎌田 泰正氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University