HOME > 研究トピックス > 【受賞】 天然物化学分野の研究発表が第30回メディシナルケミストリーシンポジウムにて優秀発表賞を受賞
2012.12.04
【受賞】 天然物化学分野の研究発表が第30回メディシナルケミストリーシンポジウムにて優秀発表賞を受賞

・概要
 第30回メディシナルケミストリーシンポジウム(平成24年11月28〜30日)
 「海洋天然物cortistatin Aを基盤とする抗腫瘍活性リード化合物の創製」
 優秀発表賞
 天然物化学分野 古徳直之、住井裕司、林剛史、田村理、河内崇志、塩村昌、
 竹島亜季、荒井雅吉、小林資正

 私たちは最近、強力な血管新生阻害活性を有する海洋天然物cotistatin Aの構造をモチーフとした構造単純化アナログの創製を検討した結果、短工程で化学合成が可能であり、かつ経口投与で顕著なin vivo抗腫瘍活性を示す有用なリード化合物を見いだしました。これらの研究成果を発表した結果、優秀発表賞を受賞しました。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University