HOME > 研究トピックス > 【受賞】 天然物化学分野の研究発表3演題が第19回天然薬物の開発と応用シンポジウムにて優秀発表賞を受賞
2012.12.04
【受賞】 天然物化学分野の研究発表3演題が第19回天然薬物の開発と応用シンポジウムにて優秀発表賞を受賞

・概要
 第19回天然薬物の開発と応用シンポジウム(平成24年11月1〜2日)
 優秀発表賞
 「海洋天然物furospinosulin-1を基盤とする新規がん分子標的治療薬の開発」
 「血管新生阻害物質cortistatin A由来の抗腫瘍活性リード化合物の創製研究」
 「海洋生物由来の抗潜在性結核物質の探索とその作用メカニズム解析」

 私たちは、ガンや感染症をターゲットとして、海洋生物由来の新規医薬シーズの探索とそれらを基盤とした創薬リード化合物の創製、さらには活性物質の作用メカニズム解析に関する研究を行っています。今回、同シンポジウムにてこれらの最新の研究成果を発表した結果、発表した3演題全てが優秀発表賞を受賞しました。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University