HOME > 研究トピックス >  【受賞】 薬剤学分野の博士課程1年廣部 祥子氏が第28回日本DDS学会学術集会にて優秀発表者賞を受賞
2012.07.06
【受賞】 薬剤学分野の博士課程1年廣部 祥子氏が第28回日本DDS学会学術集会にて優秀発表者賞を受賞

・概要
 【学会名】第28回日本DDS学会学術集会 (平成24年7月4日~5日)
 【受賞演題】インフルエンザHA抗原装填マイクロニードルパッチ製剤のヒトにおける安
       全性・有効性の検証
 【賞名】優秀発表者賞
 【受賞者】廣部 祥子 (薬剤学分野博士課程1年)

 我々は、皮膚に貼るだけで簡便にワクチン接種が行える「経皮ワクチン製剤」の開発を推進しており、これまでに皮膚内溶解型マイクロニードルを応用した独自の経皮ワクチン製剤について動物実験での有効性と安全性を実証してきました。今回、インフルエンザHA抗原を装填した経皮ワクチン製剤の臨床研究を実施し、ヒトにおいても重篤な副反応を誘発することなく従来の注射型ワクチン製剤とほぼ同等の抗原特異的免疫応答が惹起できることを明らかにしました。本成果に基づいて、今後は実用化を見据えた製剤化・製品化研究、さらには臨床試験へと展開していく予定です。

大会長の原島秀吉先生 (北海道大学) と
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University