HOME > 研究トピックス > 【受賞】 分子合成化学分野の博士後期課程2年小松 秀行氏が日本薬学会第132年会にて学生優秀発表賞を受賞
2012.04.26
【受賞】 分子合成化学分野の博士後期課程2年小松 秀行氏が日本薬学会第132年会にて学生優秀発表賞を受賞

 概要
 日本薬学会第132年会 (平成24年3 月28日~31日)
 「Leiodolide Aの合成研究」
 学生優秀発表賞
 小松 秀行(分子合成化学分野 博士後期課程2年)

 Leiodolide Aは、2006年に海綿より単離・構造決定された化合物であり、様々な癌細胞を強力に抑制することが報告されています。提唱構造のユニークさと生物活性の強さから非常に興味深く、合成化学的にチャレンジングな化合物ですが、未だ全合成は達成されていません。また、本天然物の一部の立体化学が明らかでないため、構造決定も重要な課題となっています。そこで我々は、本化合物群の合成、構造決定を行うと共に構造活性相関研究による創薬リード化合物の創出を目指して研究を行っています。今回、本天然物の候補化合物の一つを、当研究室で開発した手法により合成しました。この合成経路の確立と構造決定への知見が第132年会において評価され、今回の受賞に至りました。

受賞した博士後期課程2年小松 秀行氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University