HOME > 研究トピックス > 【事業採択】 大阪大学大学院薬学研究科が革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業実施機関に選定されました。
2012.06.11
【事業採択】 大阪大学大学院薬学研究科が革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業実施機関に選定されました。

 日本発の革新的な医薬品等を、国民が安心して迅速に利用できるようにするためには、大学等と審査側の間の人材交流を深め、最先端の技術の安全性と有効性を評価できる人材を育成し、先端的研究の成果を共有することが重要です。このたび大阪大学薬学研究科は、大阪大学医学系研究科および国立循環器病研究センターと連携し、革新的技術を応用した核酸医薬品の審査に必要なガイドラインの早期作成に資する前臨床・臨床研究を実施するとともに、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)及び国立医薬品食品衛生研究所(NIHS)との間で人材交流を行う事業の実施機関として厚生労働省より選定されました。

 本事業の詳細については、厚生労働省のHPをご覧下さい。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University