HOME > 研究トピックス > 【新聞掲載】 生物有機化学分野の小比賀 聡教授、山本剛史助教らの「アンチセンス核酸」に関する研究がMolecular Therapy-Nucleic Acids誌に掲載されるとともに、日本経済新聞、朝日新聞、毎日新聞、産經新聞にも掲載
2012.05.18
【新聞掲載】 生物有機化学分野の小比賀 聡教授、山本剛史助教らの「アンチセンス核酸」に関する研究がMolecular Therapy-Nucleic Acids誌に掲載されるとともに、日本経済新聞、朝日新聞、毎日新聞、産經新聞にも掲載

・概要
 生物有機化学分野の研究がMolecular Therapy-Nucleic Acids誌に掲載されるとともに、日本経済新聞、朝日新聞、毎日新聞、産經新聞で報道されました。本研究は、医薬基盤研究所の支援のもと、国立循環器病研究センター、東京理科大学および株式会社BNAとの共同研究として実施されたものであり、難治性疾患である家族性高コレステロール血症の治療薬につながるものとして期待が持たれます。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University