HOME > 研究トピックス > 【受賞】 毒性学分野の修士課程1年宇治 美由紀氏が日本薬学会第132年会にて学生優秀発表賞を受賞
2012.04.26
【受賞】 毒性学分野の修士課程1年宇治 美由紀氏が日本薬学会第132年会にて学生優秀発表賞を受賞

・概要
 日本薬学会第132年会(平成24年3月28日~31日)
 「経口投与したサブナノ白金の腎障害誘発性に関する基礎検討」
 学生優秀発表賞
 宇治 美由紀(毒性学分野の修士課程1年)

 我々の研究室では、科学的根拠に基づいたナノマテリアルの安全性情報の集積と発信、および安全なナノマテリアルの開発支援を図るナノ安全科学研究を推進しています。一方で、粒子サイズが10 nm以下のサブナノ白金は、抗酸化能の高さから既に健康補助食品等に利用されていますが、安全性に関する情報は世界的に皆無です。今回我々は、サブナノ白金を経口曝露した際の体内吸収性などの曝露実態情報の収集及び、生体影響を解析し、今回の受賞に至りました。

学生優秀発表賞賞状
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University