HOME > 研究トピックス > 【受賞】 分子生物学分野の修士課程2年幸田 裕造氏が日本薬学会第132年会にて学生優秀発表賞を受賞
2012.04.26
【受賞】 分子生物学分野の修士課程2年幸田 裕造氏が日本薬学会第132年会にて学生優秀発表賞を受賞

・概要
 日本薬学会第132年会(平成24年3月28日-31日)
 「骨髄由来免疫抑制細胞の分化・増殖機構についての分子生物学的解析」
 学生優秀発表賞
 幸田 裕造(分子生物学分野の修士課程2年)

 骨髄由来免疫抑制細胞(MDSC)はがんや炎症性疾患の病態形成に深く関与することが知られており、疾患治療の標的細胞として注目されていますが、その分化・増殖機構については解析が進んでおりません。今回、私たちは炎症性サイトカインのひとつが、MDSCの分化・増殖を抑制する機能を有していることを見出しました。これまでに、着目したサイトカインがMDSCの分化・増殖を抑制するという報告はなされておらず、その新規性が高く評価され今回の受賞に至りました。

受賞した修士課程2年幸田 裕造氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University