HOME > 研究トピックス > 【受賞】 分子生物学分野の薬学科6年 三浦 裕介氏が日本薬学会第132年会にて学生優秀発表賞を受賞
2012.04.26
【受賞】 分子生物学分野の薬学科6年 三浦 裕介氏が日本薬学会第132年会にて学生優秀発表賞を受賞

・概要
 日本薬学会 第132年会(平成24年3月28日~31日)
 「マイクロRNAを手掛かりとした新規血管新生制御遺伝子の同定と機能解析」
 学生優秀発表賞
 三浦 裕介(分子生物学分野 薬学科6年)

 癌をはじめとする多くの疾患に関わる血管新生を制御する因子の1つとして、近年マイクロRNAが注目されています。私たちは、ヒト臍帯静脈内皮細胞を用いてヒトの血管新生モデルを構築し、このモデルを用いた検討を行っております。本学会では、血管新生を促進すると考えられるマイクロRNA分子とその標的遺伝子を見出した事、その標的遺伝子の血管新生への関与を示した事を発表し、学生優秀発表賞を頂きました。今後は、標的遺伝子が関わる血管新生の新たなメカニズム解明に向けて研究を進めていきます。

受賞した薬学科6年 三浦 裕介氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University