HOME > 研究トピックス > 【受賞】 神経薬理学分野の博士後期課程1年東 信太朗氏が第85回日本薬理学会年会にて年会優秀発表賞を受賞
2012.03.22
【受賞】 神経薬理学分野の博士後期課程1年東 信太朗氏が第85回日本薬理学会年会にて年会優秀発表賞を受賞

・概要
 第85回日本薬理学会年会 (平成24年3月14~16日、(発表日14日))
 「ミトコンドリア融合阻害因子HPGBはマイトファジーを促進する」
 年会優秀発表賞
 東 信太朗(神経薬理学分野の博士後期課程1年)

 神経薬理学分野では、ミトコンドリアの融合を阻害する新しい細胞内因子としてHPGBという分子を同定しています。東らは今回、HPGBが機能低下したミトコンドリアの再融合を選択的に阻害することにより、同機能低下ミトコンドリアの廃棄過程(マイトファジー)を効果的に促進することを明らかにしました。本研究により、神経変性疾患などのミトコンドリアダイナミクス障害が認められる疾患に対しHPGBが新たな創薬標的となることが示され、これらの研究成果が高く評価され、今回、表彰していただきました。

受賞した博士後期課程1年東 信太朗氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University