HOME > 研究トピックス >  【受賞】 分子合成化学分野の博士前期課程2年 大竹 和樹氏が第41回複素環化学討論会にて優秀ポスター賞を受賞
2011.10.26
【受賞】 分子合成化学分野の博士前期課程2年 大竹 和樹氏が第41回複素環化学討論会にて優秀ポスター賞を受賞

【受賞学会】
「第41回複素環化学討論会」 (平成23年10月20~22日)
 優秀ポスター賞

【受賞者】
 大竹 和樹 (分子合成化学分野 博士前期課程2年)

【受賞演題】
「オキセタン-3-オンの新規合成法の開発とその修飾」

【概要】
 オキセタン構造は、生理活性を有する天然物中に見られるだけでなく、最近その導入により医薬品が代謝されにくくなるということが報告され、創薬分野においても注目を集めています。しかし、オキセタン化合物の合成中間体であるオキセタン-3-オンの合成法は、あまり報告されていませんでした。今回、我々の研究室で反応性について研究を行っているO,P-アセタールを利用することにより、様々な種類のオキセタン-3-オンを合成することに成功しました。この成果が高く評価され、今回の受賞に至りました。

受賞した博士前期課程2年 大竹 和樹氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University