HOME > 研究トピックス > 【受賞】 薬品製造化学分野の小島直人助教が平成22年度日本がん分子標的治療学会研究奨励賞を受賞
2011.06.28
【受賞】 薬品製造化学分野の小島直人助教が平成22年度日本がん分子標的治療学会研究奨励賞を受賞

・概要
 平成22年度日本がん分子標的治療学会
 研究奨励賞
 「バンレイシ科アセトゲニン類をリードとする新規抗腫瘍活性物質の創製」

 私たちは熱帯・亜熱帯産の果物から単離されるバンレイシ科アセトゲニン類と呼ばれる生物活性物質に着目し、有機合成化学を武器に新しい抗がん剤の開発研究を行っています。アセトゲニン類の構造の一部を呼吸鎖阻害系殺虫剤由来の複素環に置き換えたハイブリッド型アセトゲニン類や、含フッ素アナログの合成に取り組んだ結果、ヒトがん細胞に対して天然物を凌駕する活性を有する新規誘導体を見出すことに成功しました。これらの成果が高く評価され、今回の受賞に至りました。

受賞した小島 直人氏 (薬品製造化学分野 助教)
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University