HOME > 研究トピックス > 【受賞】 生物有機化学分野の博士後期課程2年馬場 武氏が2010環太平洋国際化学会議の “New Frontiers of Functional Nucleic Acids: Chemistry, Biology and Applications” 部門で「An outstanding young researcher oral presentation」に選出されました
2010.12.27
【受賞】 生物有機化学分野の博士後期課程2年馬場 武氏が2010環太平洋国際化学会議の “New Frontiers of Functional Nucleic Acids: Chemistry, Biology and Applications” 部門で「An outstanding young researcher oral presentation」に選出されました

・概要
The 2010 International Congress of Pacific Basin Societies (2010 PACIFICHEM)
(平成22年12月15-20日)
「Synthesis and Properties of a Novel Nucleic Acid that Alters Hybridizing Ability Depending on Redox
Conditions」
T. Baba, T. Kodama, K. Mori, T. Imanishi, S. Obika
An outstanding young researcher oral presentation at the session of “New Frontiers of Functional Nucleic Acids: Chemistry, Biology and Applications”.
馬場 武 (生物有機化学分野 博士後期課程2年)

相補鎖核酸との結合親和性が外部刺激や外部環境に応じて変化する核酸は、任意の部位でのみ遺伝子発現抑制効果を発揮する新たなアンチセンス分子の素材となり得ます。 今回我々は、酸化還元条件の変化に応じて架橋の形成と 開裂を繰り返すジスルフィド架橋型人工ヌクレオシドをオリゴ核酸へと組み込み、その相補鎖RNAに対する結合親和性を酸化還元環境の違いに応じて大きく変化させることに成功したことについて発表しました。本発表は、人工核酸の独創的な分子設計とその優れた性質が高く評価され、“New Frontiers of Functional Nucleic Acids: Chemistry, Biology and Applications” 部門で「An outstanding young researcher oral presentation」に選出されました。

受賞した博士後期課程2年馬場 武氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University