HOME > 研究トピックス > 【受賞】 分子合成化学分野の博士前期課程2年平野 貴恵氏が第30回有機合成若手セミナーにて優秀研究発表賞を受賞
2010.11.16
【受賞】 分子合成化学分野の博士前期課程2年平野 貴恵氏が第30回有機合成若手セミナーにて優秀研究発表賞を受賞

[受賞学会]
第30回有機合成若手セミナー(平成22年11月10日)

[受賞者]
平野貴恵(分子合成化学分野博士前期課程2年)

[受賞演題]「不斉補助基の重複利用を用いる(+)‐Clavolonineの不斉全合成」
優秀研究発表賞

[概要]
私たちの研究室では不斉補助基を不斉誘起だけでなく、その後の変換反応にも繰り返し利用することで光学活性天然物の簡便に合成するという独自の概念を提起し、様々な天然物の不斉全合成研究を行っています。(+)‐ClavolonineはLycopodium clavatumから単離された多環性アルカロイドであり、その生物学的観点からも類縁体の全合成が盛んに行われています。今回、我々は本概念を利用し、(+)‐Clavolonineをこれまでで最も短工程で合成することに成功しました。

受賞した博士前期課程2年平野 貴恵氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University