HOME > 研究トピックス > 【受賞】 薬品製造化学分野の博士前期課程2年柘植 薫氏が第30回有機合成若手セミナーにて優秀研究発表賞を受賞
2010.11.12
【受賞】 薬品製造化学分野の博士前期課程2年柘植 薫氏が第30回有機合成若手セミナーにて優秀研究発表賞を受賞

・概要
第30回有機合成若手セミナー(平成22年11月10日)
「プロピオレートを求核剤とするアルデヒドの不斉アルキニル化反応」優秀研究発表賞
柘植 薫(薬品製造化学分野の博士前期課程2年)


光学活性なγ-ヒドロキシ-α,β-アセチレン酸エステル類は医薬品の合成中間体として魅力的な化合物の一つですが、その供給方法は限定されておりました。今回、私たちはアミノ酸の一つであるプロリンから容易に合成できるキラルリガンドを用いることによって、プロピオレート類とアルデヒド類から光学活性なγ-ヒドロキシ-α,β-アセチレン酸エステル類を簡便に合成できることを見出しました。従来法では必要不可欠であった過剰な試薬の添加を必要とせず効率的にγ-ヒドロキシ-α,β-アセチレン酸エステル類を合成できる点が高く評価され、今回の受賞に至りました。

受賞された博士前期課程2年 柘植 薫氏
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University