HOME > 研究トピックス > 【受賞】 薬剤学分野の博士後期課程3年松尾一彦氏がファーマバイオフォーラム2010にて優秀発表者賞を受賞
2010.11.11
【受賞】 薬剤学分野の博士後期課程3年松尾一彦氏がファーマバイオフォーラム2010にて優秀発表者賞を受賞

世界三大感染症の一つであるマラリアは、開発途上国を中心に世界的な蔓延が危惧されています。マラリアの制圧に向けては、普及性・簡便性に優れるワクチン製剤の開発に期待が寄せられていますが、現在マラリアに対するワクチンは存在しません。我々は独自に開発した生分解性マイクロニードルを用いた経皮ワクチン (貼るワクチン) の実用化を目指して研究を行っています。ファーマバイオフォーラム2010では我々の貼るワクチンのマラリア経皮ワクチン製剤としての有効性・安全性について発表しました。これらの研究成果がマラリアワクチンの実用化に貢献できることを期待しています。

受賞された松尾一彦君
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University