HOME > 研究トピックス > 【受賞】 薬品製造化学分野修士1年家門拓麻氏が The 13th International Symposium on Marine Natural Products にて Outstanding Poster Presentation Award を受賞
2010.10.27
【受賞】 薬品製造化学分野修士1年家門拓麻氏が The 13th International Symposium on Marine Natural Products にて Outstanding Poster Presentation Award を受賞

[受賞学会]
The 13th International Symposium on Marine Natural Products (MaNaPro XIII)(平成22年10月17-22日)

[受賞者]
家門拓麻(薬品製造化学分野修士1年)

[受賞演題] 「ASYMMETRIC TOTAL SYNTHESIS OF (-)-AGELASTATIN A」
Outstanding Poster Presentation Award

[概要]
近年、海に生息するホヤの一種から抗がん剤ヨンデリス®(トラベクテジン)が開発され、がん細胞の増殖抑制効果を示す海洋天然物への関心が高まっています。我々は、これまで顕著な生物活性を有する種々の天然物の全合成研究を展開してきましたが、今回そのひとつとして、強力ながん細胞増殖抑制作用をもつ海綿由来の天然物アゲラスタチンの人工合成を行い、本化合物の構造と生物活性の関係を明らかにすることに成功しました。アゲラスタチンは世界中で大変熾烈な獲得競争がなされている天然物であり、我々の研究はその展開に大きく貢献するものとして評価されました。

受賞された修士1年の家門拓麻さん
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University