HOME > 研究トピックス > 【受賞】 薬品製造化学分野の博士後期課程3年伏見哲也氏が第40回複素環化学討論会にて最優秀ポスター賞を受賞
2010.10.18
【受賞】 薬品製造化学分野の博士後期課程3年伏見哲也氏が第40回複素環化学討論会にて最優秀ポスター賞を受賞

[受賞学会]
第40回複素環化学討論会(平成22年10月14-16日)

[受賞者]
伏見哲也(博士後期課程3年)

[受賞演題] 「複素環導入アセトゲニン類縁体の合成とがん細胞増殖抑制活性の評価」
最優秀ポスター賞

[概要]
私たちの研究室では有機合成化学的なアプローチによる新しい抗がん剤の開発に取り組んでいます。今回、熱帯産のフルーツから単離されたバンレイシ科アセトゲニン類と呼ばれる抗腫瘍活性物質の構造の一部を、呼吸鎖阻害系殺虫剤由来の複素環に置き換えたハイブリッド分子を合成し、その活性を評価しました。その結果、ヒトがん細胞に対する活性が元の天然物の一万倍以上も強い新規化合物を発見することに成功しました。

受賞した博士後期課程3年の伏見哲也さん
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University