HOME > 研究トピックス > 【受賞】 薬品製造化学分野の小島直人助教が11th Tetrahedron SymposiumにてThe Excellent Poster Awardを受賞
2010.08.11
【受賞】 薬品製造化学分野の小島直人助教が11th Tetrahedron SymposiumにてThe Excellent Poster Awardを受賞

概要
11th Tetrahedron Symposium (平成22年6月22-25日)
The Excellent Poster Award
「Design, synthesis and biological evaluation of fluorinated analogues of Annonaceous acetogenins」

がんを克服するために新しい抗がん剤の開発が常に望まれており、私たちの研究室では有機合成化学を駆使してこの課題に取り組んでいます。今回、私たちは、興味深い構造と魅力的な薬理活性を持つ天然物であるバンレイシ科アセトゲニン類の含フッ素アナログの合成に世界で初めて成功し、フッ素原子の導入によりがん細胞への増殖抑制効果が向上することを発見しました。

小島 直人氏 (薬品製造化学分野 助教 )
大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University