HOME > 拠点の概要

創薬推進研究拠点と創薬等支援技術基盤プラットフォーム(創薬等PF)事業・制御拠点について

大阪大学創薬推進研究拠点

古くから大阪は「くすりのまち」として知られており、現在でも数多くの製薬企業が大阪を拠点として医薬品の研究開発に取り組んでいます。一方、大阪大学においても、薬学研究科、医学系研究科をはじめとする多くの研究科並びに附置研究所において、創薬の基盤となる世界最高水準の研究が展開されてきました。

このような背景のもと、大阪大学では、文部科学省・創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業「大型創薬研究基盤を活用した創薬オープンイノベーションの推進」(ヒットからリードへとつなぐ創薬研究の推進)、最先端研究基盤事業「化合物ライブラリーを活用した創薬等最先端研究・教育基盤の整備」、JST・地域産学官共同研究拠点整備事業「大阪バイオ・ライフサイエンスイノベーション拠点」によりスクリ-ニング機器を整備し、アカデミア創薬研究を強力に支援しております。

創薬等支援技術基盤プラットフォーム(創薬等PF)事業・制御拠点

本事業は、「解析拠点」「制御拠点」「情報拠点」から形成されており、本学は制御拠点・ライブラリー・スクリ-ニング領域を担当し、拠点内外の研究者との共同研究も実施しております。

上記事業で整備された機器を活用して、学内外創薬研究者が保有する創薬シーズを用いたスクリーニング研究を支援するとともに、スクリーニング技術の高度化を行っています。 なお、学内外の大学の研究者の方には、「アッセイ系構築に必要な消耗品の一部を補助するスクリ-ニング研究トライアル制度」がございます。お問い合せ先は、lsc●phs.osaka-u.ac.jp (●にはアットマークをお入れください)。

これらの事業を通して、大阪大学創薬推進研究拠点では、製薬企業との強力な連携のもと、効率的かつ実践的な産学連携創薬研究を推進し、さらには医薬品の開発から育薬までをシームレスにつなぐ環境を構築することにより、アカデミア発創薬の実現に貢献することを目指しております。


創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業
創薬プロセス等に活用可能な技術基盤の整備、積極的な外部開放(共用)等を行うことで、創薬・医療技術シーズ等を着実かつ迅速に医薬品等に結び付ける革新的プロセスを実現することを目的としております。(2015年4月から文部科学省から国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)へ移管された)