本文へスキップ

06-6879-8195

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6

新着HOME


進化の過程において、多細胞生物は生体内外および組織内外を隔てる障壁として上皮細胞層を発達させてきた。上皮細胞層の透過過程が薬物吸収の第一ステップであること、悪性腫瘍の90%が上皮由来であること、上皮 細胞層は感染性病原微生物の侵入門戸になっていることから、上皮細胞は創薬ターゲットとして有用な性質を有している。1993年以降、京大月田グループにより、上皮細胞バリア構成蛋白質occludin、claudin等が同定され、生体バリアの分子基盤が詳らかにされつつある。
  これら本邦発の生体バリアの分子基盤を利用した独自の創薬研究の創出にチャレンジしているのが八木ラボです。

バナースペース

大阪大学大学院薬学研究科
生体機能分子化学分野

〒565-0871
大阪府吹田市山田丘1-6

TEL 06-6879-8195