大阪大学大学院薬学研究科
Graduate school and school of pharmaceutical sciences
応用環境生物学分野(平田研究室)
APPLIED ENVironmental biology labWelcome.htmlWelcome.htmlWelcome.htmlWelcome.htmlshapeimage_1_link_0shapeimage_1_link_1shapeimage_1_link_2shapeimage_1_link_3
 
About the Lab
研究室についてAbout_the_Lab.htmlAbout_the_Lab.htmlshapeimage_2_link_0shapeimage_2_link_1
Members
メンバーMembers.htmlMembers.htmlshapeimage_3_link_0shapeimage_3_link_1
Publications
研究業績Publications.htmlPublications.htmlshapeimage_4_link_0shapeimage_4_link_1
Pictures
研究室の様子Pictures/Pictures.htmlPictures/Pictures.htmlshapeimage_5_link_0shapeimage_5_link_1

 発展途上国では抗菌性物質の乱用が問題となっています。その理由の一つとして、一般市民が医師の処方を経ずに抗菌性物質を入手することができ、また畜産農家も獣医師による診断・指導を受けないまま、疾病治療や成長促進の目的で抗菌性物質を使用できることが挙げられます。このように乱用された抗菌性物質が、食品中や環境中に残留している事例が発展途上国を中心に多数報告されています。残留抗菌性物質は、近年極めて大きな問題となっている、抗菌性物質が効かない薬剤耐性菌の発生原因となることが懸念されています。従って、他の食品・環境汚染物質同様、バイオセンサーやバイオアッセイを活用した安価で簡便な食品・環境モニタリングシステムを構築することが緊急の課題となっています。当研究室では現在、酵素や無細胞転写翻訳系を活用した新たな抗菌性物質バイオセンサーの開発研究に取り組んでいます。

関連する論文等

Rapid and Easy Multiresidue Method for the Analysis of Antibiotics in Meats by Ultrahigh-Performance Liquid Chromatography-Tandem Mass Spectrometry.

Yamaguchi T, Okihashi M, Harada K, Uchida K, Konishi Y, Kajimura K, Hirata K, and Yamamoto Y.

Journal of Agriculture and Food Chemistry, 63, 5133–5140 (2015).


Antibiotic Residue Monitoring Results for Pork, Chicken, and Beef Samples in Vietnam in 2012-2013.

Takahiro Yamaguchi, Masahiro Okihashi, Kazuo Harada, Yoshimasa Konishi, Kotaro Uchida, Mai Hoang Ngoc Do, Huong Dang Thien Bui, Thinh Duc Nguyen, Phuc Do Nguyen, Vien Van Chau, Khanh Thi Van Dao, Hue Thi Ngoc Nguyen, Keiji Kajimura, Yuko Kumeda, Chien Trong Bui, Mai Quang Vien, Ninh Hoang Le, Kazumasa Hirata, and Yoshimasa Yamamoto.

Journal of Agricultural and Food Chemistry, 63, 5141–5145 (2015).

Research Projects
研究内容Research_Projects.htmlResearch_Projects.htmlshapeimage_6_link_0shapeimage_6_link_1