大阪大学大学院薬学研究科
Graduate school and school of pharmaceutical sciences
応用環境生物学分野(平田研究室)
APPLIED ENVironmental biology labWelcome.htmlWelcome.htmlWelcome.htmlWelcome.htmlshapeimage_1_link_0shapeimage_1_link_1shapeimage_1_link_2shapeimage_1_link_3
 
 

2017

1.◯糸川 嘉則、松浦 秀幸、岸田 百世、高橋 弘喜、御田 洋介、山崎 将太朗、原田 和生、加藤 晃、平田 收正

”植物における転写開始点のゆらぎと環境ストレス応答性翻訳制御の関係性に関する研究”

第19回日本RNA学会年会 富山国際会議場大手町フォーラム 2017年7月20日

2.◯中井拓也,原田和生,那須雄大,岡澤敦司,平田收正

“放線菌Streptomyces ficellus による寄生植物種子発芽阻害剤ノジリマイシンの生産”

69回日本生物工学会大会 東京 早稲田大学 2017年9月12日

3.◯村田瑠偉,松浦秀幸,蓮池友香,赤石健児,川下理日人,原田和生,平田收正

“プロリン生合成系酵素GPRの機能解析 ~γ-glutamyl cysteine合成の観点から~”

69回日本生物工学会大会 東京 早稲田大学 2017年9月14日

4.◯氏家和紀,松浦秀幸,Tran Thi My Duyen, 原田和生,平田收正

“無細胞反応系を用いた抗菌剤検出のための紙基板バイオセンサーの開発”

69回日本生物工学会大会 東京 早稲田大会 2017年9月14日

5.◯氏家和紀, 松浦秀幸, Tran Thi My Duyen, 原田和生, 平田收正

”組換え葉酸合成酵素を用いた紙基板サルファ剤発光センサーの開発”

2017農芸化学会関西支部会 大阪府立大学 2017年9月22日

6.◯石西諒、松浦秀幸、 田中聡、 野澤紗彩、棚田恵介、川下理人、宮坂均、平田收正

”海産性緑藻由来CHRDドメインタンパク質をコードするストレス応答性遺伝子の同定と特徴づけ”

2017農芸化学会関西支部会 大阪府立大学 2017年9月22日


2016

1.○氏家和紀、Tran Thi My Duyen 、松浦秀幸、村岡未彩、原田和生、平田收正

”葉酸合成酵素を用いたサルファ剤バイオセンサーの開発”

2016年度生物工学若手研究者の集い 夏のセミナー 東京 2016年7月16日

2.〇石西諒、松浦秀幸、野澤紗彩、棚田恵介、宮坂均、田中聡、原田和生、平田收正

”環境ストレス耐性植物作出に向けた極限微細藻類由来新規ストレス応答遺伝子の機能解析”

2016年度生物工学若手研究者の集い 夏のセミナー 東京 2016年7月16日

3.〇糸川嘉則、松浦秀幸、御田洋介、高橋弘喜、岸田百世、加藤晃、平田收正

”植物において翻訳促進機能を有するアンチセンスRNAの網羅的解析”

2016年度生物工学若手研究者の集い 夏のセミナー 東京 2016年7月16日

4.◯原田和生,上野菜摘,小松かつ子,平田收正

“メタボローム解析による大黄甘草湯エキス中のsennoside代謝活性の予測”

日本生薬学会 第63回年会 富山国際会議場 2016年9月25日

5.◯Hideyuki Matsuura, Tran Thi My Duyen, Misa Muraoka, Kazuki Ujiie, Michitaka Nakano, Yusuke Toyoda, Kazuo Harada, Kazumasa Hirata

“Development of novel biosensors for detecting environmental pollutants”

ICCA-LRI and NIHS Workshop, Awaji Island, Japan, June 15-16, 2016

6.◯Kazuo Harada, Sy Van Nguyen, Megumi Asayama, Minae Warisaya, Takahiro Yamaguchi, Masahiro

Okihashi, Kotaro Uchida, Yoshimasa Konishi, Mai Hoang Ngoc Do, Long Thi Bui, Thinh Duc Nguyen, Phuc Do Nguyen, Chinh Van Dang, Diep Thi Khong, Thang Nam Nguyen, Khai Ngoc Pham, Vien Van Chau, Khanh Thi Van Dao, Hue Thi Ngoc Nguyen, Mai Quang Vien, Hoa Tran Thi Tuyet, Phu Tran Minh, Nguyen Thanh Phuong, Huong Thi Mai Bui, Dung Le Hong, Tuyen Le Danh, Yoshimasa Yamamoto, Kazumasa Hirata

“Antibiotic residue in food and environment in Vietnam”

ICCA-LRI and NIHS Workshop, Awaji Island, Japan, June 15-16, 2016

7.◯氏家和紀、Tran Thi My Duyen 、松浦秀幸、村岡未彩、原田和生、平田收正

”タンパク質合成阻害作用を持つ抗菌性物質検出のための紙を基盤とする比色センサーの開発”

日本分析化学会第65年会 北海道大学 2016年9月

8.◯松浦秀幸、岸田百世、高橋弘喜、糸川嘉則、山崎将太朗、加藤晃、平田收正

“転写開始点のゆらぎと環境ストレスに応答した翻訳制御の関係性に関する研究”

日本生物工学会 第34回年会 信州大学 2016年9月

9.Tran Thi My Dueyn,◯松浦秀幸,氏家和紀,村岡未彩,原田和生,平田收正

“Paper-based colorimetric biosensors for antibiotics targeting bacterial protein synthesis ”

日本生物工学会 第68回年会 富山国際会議場 2016年9月

10.◯岸田百世、松浦秀幸、高橋弘喜、御田洋介、加藤晃、平田收正

”高温ストレス条件下の植物における転写開始点とmRNA翻訳状態の網羅的解析”

39回 日本分子生物学会 神戸ポートアイランド 2016年12月

11.◯御田洋介、松浦秀幸、高橋弘喜、岸田百世、加藤晃、平田收正

”植物において翻訳促進機能を有するアンチセンスRNAの網羅的探索”

39回 日本分子生物学会 神戸ポートアイランド 2016年12月


2015

1.◯岸田百世、松浦秀幸、高橋弘喜、御田洋介、加藤晃、平田收正

CAGE法を用いた植物における転写開始点とmRNA翻訳状態の網羅的解析

4回 植物RNA研究者ネットワークシンポジウム 京都大学 2015年1月

2.◯野澤紗彩、松浦秀幸、石西諒、棚田恵介、宮坂均、田中聡、原田和生、平田收正

海産性緑藻 Chlamydomonas W80由来新規ストレス応答遺伝子の機能解析

33回日本植物細胞分子生物学会 東京大学 2015年8月

3.◯松浦秀幸

転写開始点と翻訳制御の網羅的解析を通じた高温条件下における翻訳制御機構の解明

ゲノム支援拡大班会議 国立京都国際会館 2015年8月

4.◯石西諒、松浦秀幸、野澤紗彩、棚田恵介、宮坂均、田中聡、原田和生、平田收正

”強ストレス耐性緑藻由来新規ストレス応答遺伝子の機能解析”

12回クラミドモナス研究会 東京 2015年9月2日

5. ◯上野菜摘,原田和生,平田收正

“大黄甘草湯エキス成分が腸内細菌のsennoside代謝活性に及ぼす影響の解析”

65回 日本薬学会 近畿支部総会・大会 大阪大谷大学 2015年10月17日

6.◯割鞘美苗,浅山恵,原田和生,Tran Thi Tuyet Hoa, Nugyen Quoc Thinh, Nguyen Thanh Phuong, Thi Khong Diep, Nguyen Nam Thang, Pham Ngoc Khai, 山本容正,平田收正

“ベトナム環境水中の残留抗菌性物質の実態調査”

65回 日本薬学会 近畿支部総会・大会 大阪大谷大学 2015年10月17日

7.◯浅山恵,割鞘美苗,原田和生,住村欣範, 山本容正,平田收正

“ベトナムにおけるβ-ラクタム系抗菌性物質分解物の残留実態調査”

65回 日本薬学会 近畿支部総会・大会 大阪大谷大学 2015年10月17日


2014

  1. 1.H.Matuura,Y.Yamamoto,M.Muraoka,K.Akaishi,Y.hori,K.Uemura,N.Tsuji,T.Bamba ,K.Harada,H.Miyasaka,K.Kuroda,M.Ueda,K.Hirata  ‘’Cadmium biosensors using the combined use of pyrene-excimer fluorescence and surface-engineering yeast cells displaying phytochelatin synthase’’  Biosensor 2014,メルボルン

  2. 2.◯割鞘美苗,浅山恵,原田和生,平田收正 ’’固層抽出カートリッジに吸着した抗菌性物質の保存安定性の解析’’,生物工学若手研究者の集い,兵庫県・神戸市立神戸セミナーハウス, 2014年7月

  3. 3.◯網野伸哉,松島和樹,金田洋和,原田和生,松浦秀幸,平田收正 ’‘園芸植物 portulaca oleracea cv.  由来内分泌撹乱物質代謝酵素の固定化’’,生物工学若手研究者の集い,兵庫県・神戸市立神戸セミナーハウス, 2014年7月

  4. 4.◯棚田恵介,田中聡,野澤紗彩,松浦秀幸,宮坂均,平田收正 ’‘海産性緑藻 Chlamydomonas W80 由来のストレス誘導遺伝子の機能解析’’,生物工学若手研究者の集い,兵庫県・神戸市立神戸セミナーハウス, 2014年7月

  5. 5.◯那須雄大,原田和生,鈴岡万季,長澤沙弥,黒野友理香,岡澤敦司,平田收正 ’‘放線菌 Streptomyces ficellus による寄生植物発芽種子阻害剤ノジリマイシンの生産’’,生物工学若手研究者の集い,兵庫県・神戸市立神戸セミナーハウス, 2014年7月

  6. 6.◯岸田百世,高橋弘喜,御田洋介,加藤晃,平田收正,松浦秀幸 ’‘高温ストレス条件下の植物における転写開始点とmRNA翻訳状態の網羅的解析’’,生物工学若手研究者の集い,兵庫県・神戸市立神戸セミナーハウス, 2014年7月

  7. 7. ◯御田洋介,尾形卓哉,松田悠里,松浦秀幸,原田和生,平田收正, ’‘緑藻カロテノイド酸化ストレス耐性機構の解析’’,生物工学若手研究者の集い,兵庫県・神戸市立神戸セミナーハウス, 2014年7月

  8. 8.Momoyo Kishida,Hiroki Takahashi,Yosuke Onda,Ko Kato,Kazumasa Hirata,Hideyuki Matsuura ’’Global analysis of transcription start sites and translation states of mRNA in plants under heat stress conditions’’,第16回日本RNA学会年会,愛知県・ウインク名古屋,2014年7月

  9. 9.◯蓮池友香 その他 ’’光合成生物におけるプロリン合成酵素の機能進化プロセスの解明に向けた基礎的検討’’,第32回日本植物細胞分子生物学会,盛岡,2014年8月

  10. 10.◯鈴岡万季 その他 ’’放線菌Streptomyces ficellusによる寄生植物発芽種子阻害剤ノジリマイシンの生産’’,第66回日本生物工学会大会,札幌,2014年9月

  11. 1.A. Sumi et al. ‘’Application of metabolomics for quality evaluation of licorice (Glycyrrhiza uralensis Fisher)’’ The 8th JSP-CCTCM<-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, 13 Sep, 2014


2013

  1. 1.松浦秀幸,尾形卓哉,松田悠里,石田洋基,木田和輝,◯原田和生,平田收正 “Chlamydomonas reinhardtii由来カロテノイド酸化開裂酵素の機能解析”,日本農芸化学会2013年度大会,東北大学(仙台),2013年3月


  1. 2.◯松浦秀幸,久保佑喜,上田清貴,平田收正,金谷重彦,加藤晃 ”情報科学及び実験的アプローチによるシロイヌナズナにおける高温ストレス応答性翻訳制御を規定するシス制御因子の探索”,第15回日本RNA学会年会,愛媛県・県民文化会館・ひめぎんホール,2013年7月

 

  1. 3.◯原田和生,小田知佳,角明香里,高上馬希重,山本豊,Shu ZHU,小松かつ子,平田收正 ”カンゾウの品質評価に向けたメタボローム解析の活用”,第6回甘草に関するシンポジウム,北海道医療大学,2013年7月


  1. 4.松浦秀幸 ”転写開始点と翻訳制御の網羅的解析を通じた高温条件下における翻訳制御機構の解明”,神戸ポートピアホテル,2013年8月


  1. 5.松浦秀幸 ”植物の翻訳制御機構研究 〜個別遺伝子解析から次世代シーケンサーを用いた網羅的解析へ〜”,NGS現場の会 第三回研究会,神戸,2013年9月


  1. 6.松浦秀幸、尾形卓哉、松田悠里、石田洋基、御田洋介、原田和生、平田收正 ”Chlamydomonas reinhardtiiにおけるカロテノイド酸化開裂酵素およびカロテノイド酸化開裂産物の新規機能に関する研究”,第10回クラミドモナス研究会,岡崎,2013年11月


  1. 7.赤石 健児、蓮池 友香、三好 啓太、公文 崇夫、原田 和生、川下 理日人、松浦 秀幸、平田 收正 ”Chlamydomonas reinhardtii由来プロリン合成酵素の機能解析~高等植物への進化プロセス解明を目指して~”,第10回クラミドモナス研究会,岡崎,2013年11月


  1. 8.棚田 恵介、松田 温子、上田 藍子、原田 和生、松浦 秀幸、平田 收正 ”Chlamydomonas reinhardtiiにおけるトリアシルグリセロール蓄積制御機構に関する研究”,第10回クラミドモナス研究会,岡崎,2013年11月


  1. 9.原田和生,小田知佳,角明香里,高上馬希重,山本豊,朱姝,小松かつ子,平田收正 “カンゾウの品質評価に向けたメタボローム解析の活用”,日本生薬学会年会第60回年会,北海道医療大学, 2013年9月7日~8日


  1. 10. 尾形卓哉,松田悠里,石田洋基,木田和輝,蓮池友香,松浦秀幸,原田和生,平田收正 ”緑藻Chlamydomonas reinhardtii由来カロテノイド酸化開裂酵素の機能解析”,フォーラム2013 衛生薬学環境トキシコロジー,九州大学, 2013年9月


2012

  1. 1.村岡未彩,山本陽介,植村佳乃子,堀泰久,赤石健児,松浦秀幸,原田和生,黒田浩一,植田充美,◯平田收正 “ファイトケラチン合成酵素を用いたカドミウムバイオセンサーの開発”,日本薬学会第132回年会,北海道大学,2012年3月


  1. 2.◯山本陽介,松浦秀幸,村岡未彩,堀恭久,赤石健児,原田和生,黒田浩一,植田充美,平田收正 ”ファイトケラチン合成酵素を用いたカドミウムバイオセンサーの開発”,日本農芸化学会2012年度大会,京都女子大学,2012年3月


  1. 3.◯尾形卓哉, 松田悠里, 石田洋基, 木田和輝, 蓮池友香, 松浦秀幸, 原田和生, 平田收正 ”緑藻Chlamydomonas reinhardtii由来カロテノイド酸化開裂酵素の機能解析”, 第26回カロテノイド研究談話会, 函館国際ホテル, 2012年9月, トラベルアワード賞受賞


  1. 4.◯小田知佳,原田和生,平田收正,朱姝,小松かつ子,山本豊 “カンゾウエキスの薬効評価のためのメタボローム解析の活用”,日本生薬学会第59回年会(千葉), かずさアカデミアパーク, 2012年9月


  1. 5.◯小田知佳,原田和生,平田收正,朱姝,小松かつ子,山本豊 “カンゾウエキスの薬効評価のためのメタボローム解析の活用”, 第62回 日本薬学会近畿支部総会・大会, 武庫川女子大学, 2012年10月


  1. 6.◯上田藍子, 松浦秀幸, 松田温子, 棚田恵介, 平田收正 “Role of TOR (target of rapamycin) signaling in triacylglycerol accumulation in the unicellular green alga Chlamydomonas reinhardtii”, 10th  International Plant Molecular Biology Congress, International Convention Center, 2012年10月


2011

  1. 1.金田洋和◯,松井健史,黒田友佳子,東本祐佳,奥畑博史,田中聡,松浦秀幸,原田和生,宮坂均,加藤晃,平田收正 ”園芸植物Portulaca oleraceaによる内分泌攪乱物質代謝機構の解明”, 第14回環境ホルモン学会,東京大学山上会館,2011年12月


  1. 2.松浦秀幸◯, 木田和輝, 松田悠里, 石田洋基, 原田和生, 平田收正  ”Chlamydomonas reinhardtii由来carotenoid cleavage dioxygenase 1 (CCD1)の単離と機能解析~酸化ストレス耐性との関連から~”, 第9回クラミドモナスワークショップ,岡崎コンファレンスセンター,2011年11月


  1. 3.山田一真◯, 三好啓太, 公文崇夫, 原田和生, 松浦秀幸, 平田收正 ”環境ストレス耐性植物の作出に寄与する人工プロリン合成酵素の創製”,第9回クラミドモナスワークショップ,岡崎コンファレンスセンター,2011年11月


  1. 4.金田洋和◯,松井健史,黒田友佳子,東本祐佳,奥畑博史,田中聡,松浦秀幸,原田和生,宮坂均,加藤晃,平田收正 ”園芸植物Portulaca oleracea由来ポリフェノールオキシダーゼの内分泌攪乱物質代謝能の解析”, 

    第29回日本植物細胞分子生物学会,九州大学箱崎キャンパス,2011年9月


5. 木田和輝◯,松浦秀幸,松田悠里,石田洋基,原田和生,平田收正 ”緑藻クラミドモナス由来カロテノイド開裂酵素遺伝子の単離と機能解析”, 第29回日本植物細胞分子生物学会,九州大学箱崎キャンパス,2011年9月


6. 小田知佳◯, 原田和生, 平田收正 ”カンゾウエキス薬効評価のためのメタボローム解析の活用”,第58回日本

    生薬学会,昭和大学旗の台キャンパス,2011年9月


7. 黒野友理香◯,長澤沙弥,小田知佳,松浦秀幸,東久保諒,若林孝俊,吉本千壽,野村早紀,村中聡,杉本幸

    裕,岡澤敦司,原田和生,平田收正 ”放線菌Streptomyces ficellusによる寄生植物種子発芽阻害剤ノジリマイ

    シンの生産”,第63回日本生物工学会,東京農工大学小金井キャンパス,2011年9月


2010

  1. 1.宮園優子◯,原田和生,杉山幸嗣,上野元伸,鳥井幹則,加藤育雄,松浦秀幸,平田收正 “メタボノミクス手法によるラット白内障マーカー探索”,第37回日本トキシコロジー学会,沖縄コンベンションセンター,2010年6月


  1. 2.金田洋和◯,松井健史,富安諒介,渡辺一平,黒田友佳子,松浦秀幸,原田和生,奥畑博史,仲山英樹,宮坂均,加藤晃,平田收正 ”園芸植物Portulaca oleracea由来ポリフェノールオキシダーゼの遺伝子単離と内分泌撹乱物質能の解析”,第28回日本植物細胞分子生物学会,東北大学,2010年9月


  1. 3.松浦秀幸◯,武波慎也,納庄達也,金谷重彦,加藤晃 ”熱ストレス環境下での翻訳制御に関わる5’UTRの配列の特徴”,第28回日本植物細胞分子生物学会,東北大学,2010年9月


  1. 4.原田和生◯ ”安定同位体標識を用いた代謝産物ターンオーバー解析”,第5回メタボロームシンポジウム,慶応大学鶴岡,2010年9月


  1. 5.三好啓太◯, 公文 崇夫, 松浦 秀幸, 松田 慶太, 山田 一真, 原田 和生, 平田 收正 ”部位特異的変異体を用いたChlamydomonas reinhardtii由来proline合成酵素の機能評価”,第62回日本生物工学会大会,宮崎シーガイア,2010年10月


  1. 6.平尾壽啓◯,岡澤敦司,原田和生,小林昭雄,村中俊哉,平田収正 ”緑葉揮発成分によるシロイヌナズナのメチルジャスモン酸感受性の増強”,植物化学調節学会第45回大会,神戸大学,2010年11月


  1. 7.原田和生◯ ”ポジティブモードCE-MSによるアニオン性代謝産物網羅的測定法とその応用”,第30回キャピラリー電気泳動シンポジウム,長良川国際会議場,2010年11月


  1. 8.平尾壽啓◯,岡澤敦司,原田和生,小林昭雄,村中俊哉,平田収正 ”シロイヌナズナのメチルジャスモン酸応答に対する緑葉揮発成分のプライミング効果”,日本農芸化学会関西支部 第467回講演会,神戸大学,2010年12月


  1. 9.三好啓太◯, 公文 崇夫, 松浦 秀幸, 松田 慶太, 山田 一真, 原田 和生, 平田 收正 ”Isolation and Characterization of Chlamydomonas reinhardtii gamma-glutamyl kinase”,日本分子生物学会・生化学学会合同大会,神戸ポートアイランド,2010年12月



 
原著論文Publications.htmlshapeimage_2_link_0
学会発表など
Publications
研究業績
About the Lab
研究室についてAbout_the_Lab.htmlAbout_the_Lab.htmlshapeimage_5_link_0shapeimage_5_link_1
Research Projects
研究内容Research_Projects.htmlResearch_Projects.htmlshapeimage_6_link_0shapeimage_6_link_1
Members
メンバーMembers.htmlMembers.htmlshapeimage_7_link_0shapeimage_7_link_1
Pictures
研究室の様子Pictures/Pictures.htmlPictures/Pictures.htmlshapeimage_8_link_0shapeimage_8_link_1
著書、総説、解説Publications_2.htmlshapeimage_9_link_0