大阪大学大学院薬学研究科
Graduate school and school of pharmaceutical sciences
応用環境生物学分野(平田研究室)
APPLIED ENVironmental biology labWelcome.htmlWelcome.htmlWelcome.htmlWelcome.htmlshapeimage_1_link_0shapeimage_1_link_1shapeimage_1_link_2shapeimage_1_link_3
 
 

2017

1.ベトナムにおける抗菌性物質の環境水中残留実態

原田和生

日本薬学会 第137年会 仙台 東北大学 2017年3月27日 

シンポジウム S46 医薬品による環境汚染問題 –実態・生体影響・浄化技術


2016

“Analysis of antibiotic residue in food and environment”

Kazuo Harada

Symposium on recycling-oriented society based on safe food production and effective bio-resource utilization in Japan and ASEAN countries organized by Osaka Prefecture University and Osaka University. Osaka, I-site Namba, Oct. 5th, 2016


2015

1.  一年の計は元旦にあり?

松浦秀幸

生物工学会誌, 93, 552 (2015)


2.メタボローム解析を用いた生薬の品質評価

原田和生

薬剤師漢方セミナー 千里ライフサイエンスセンター 2015年7月12日


2014

1.   重金属用バイオメタルセンサー 〜遺伝子組換え酵母を用いたバイオセンサー〜

松浦秀幸 村岡未彩平田收正

地球を救うメタルバイオテクノロジー(成山堂書店), 191-197 (2014)


  1. 2.「安全・安心」を守り隊〜バイオセンサーが活躍するために〜

村岡未彩

生物工学会誌, 92, 511 (2014)


  1. 3.動物用医薬品残留検査のためのバイオアッセイ

原田和生

生物工学会誌, 92, 26 (2014)


4.◯松浦秀幸

CAGE解析を用いて植物におけるストレス環境下での翻訳制御メカニズムに迫る

理研公開シンポジウム「遺伝子発現解析から転写産物解析へ」 理化学研究所横浜キャンパス 2014年11月


2013

1. 光合成生物の機能を利用した重金属のモニタリングと回収

松浦秀幸平田收正

リサイクルバイオテクノロジーの最前線 (シーエムシー出版), 209-214 (2013)


  1. 2.   カンゾウの品質評価に向けたメタボローム解析の活用

原田和生小田知佳角明香里,高上馬希重,山本豊,朱姝,小松かつ子,平田收正

甘草研究最前線 2013,71-72


2012

1. 植物の環境ストレス応答と翻訳レベルの遺伝子発現制御

松浦秀幸,加藤晃,平田收正

生産と技術, 64, 90-93 (2012)


2011

1.     Biosensors for Toxic Heavy Metals

Kazumasa Hirata, Hitoshi Miyasaka
Handbook of Metal Biotechnology, Chapter 15, 179-194 (2011)


2.微生物共生系を利用した廃バイオマスの再資源化

原田和生,平田收正

生物工学会誌, 89, 124-127 (2011)

 

3.環境浄花:植物による環境ホルモン分解と排水処理への応用

松浦秀幸,原田和生,宮坂均,平田收正

植物機能のポテンシャルを活かした環境保全・浄化技術 -地球を救う超環境適合・自然調和型システム- (シーエムシー出版), 31-37 (2011)

 

4.微細藻類による排水からの有害金属除去

平田收正,永瀬裕康

植物機能のポテンシャルを活かした環境保全・浄化技術 -地球を救う超環境適合・自然調和型システム- (シーエムシー出版), 38-45 (2011)

 

5.微細藻類による煙道排気ガスの処理

平田收正,永瀬裕康

植物機能のポテンシャルを活かした環境保全・浄化技術 -地球を救う超環境適合・自然調和型システム- (シーエムシー出版), 133-139 (2011)

 

6.光合成微生物を用いたバイオマスの有用物質への変換

原田和生,平田收正

植物機能のポテンシャルを活かした環境保全・浄化技術 -地球を救う超環境適合・自然調和型システム- (シーエムシー出版), 239-245 (2011)


2010

1.  植物の多様な代謝能を利用した内分泌攪乱物質除去技術の開発.

平田收正

生産と技術,第62巻,第2号 (2010)


2009

1.微細藻類バイオマスを用いた有害重金属の吸着除去.

永瀬裕康, 平田收正 

in メタルバイオテクノロジーによる環境保全と資源回収-新元素戦略の新しいキーテクノロジー

(吉田和哉名誉監修、植田充美, 池道彦監修), シーエムシー出版, pp. 63-69 (2009).


2.重金属応答機構を利用したバイオメタルセンサーの開発.

平田收正, 宮坂 均 

in メタルバイオテクノロジーによる環境保全と資源回収-新元素戦略の新しいキーテクノロジー-(吉田和哉名誉監修、植田充美, 池道彦監修), シーエムシー出版, pp. 195-200 (2009).


3.光合成生物における重金属応答機能の比較解析とその応用.

平田收正

in メタルバイオテクノロジーによる環境保全と資源回収-新元素戦略の新しいキーテクノロジー-(吉田和哉名誉監修、植田充美, 池道彦監修), シーエムシー出版, pp. 217-222 (2009).


4.微生物共生系を利用した余剰バイオマスの再資源化.

平田收正, 原田和生, 宮本和久

環境バイオテクノロジー, in press (2009).


  1. 5.   環境ホルモンを分解する植物.

平田收正, 原田和生, 奥畑博史, 宮坂 均.

バイオインダストリー, 26(11), 15-20 (2009).


2008

1.光合成生物における重金属応答機能の比較解析とその応用

平田收正, 永瀬裕康

生物工学会, 86, 623-625 (2008).


2.Application of supercritical fluid chromatography/mass spectrometry to lipid profiling.

Matsubara, A., Hirata, K., Shimonishi, N., Nakazawa, Y., Kobayashi, A., Fukusaki, E.

Jasco Report 2008, 9-15 (2008).


2007

1.微生物共生系による余剰バイオマスを原料とする水素生産.

平田收正, 宮本和久.

生物工学誌, 85, 212-214 (2007).


2.     植物メタボロミクス技術の新展開

福崎英一郎,原田和生

バイオサイエンスとインダストリー, 65, 8-14 (2007)


2006

1.有害重金属を簡便・迅速に検出するための重金属バイオセンサーの開発

平田收正, 宮坂 均

月刊エコインダストリー, 11, No. 5, 42-49 (2006).


2.光合成生物の機能を利用した環境汚染物質浄化技術の開発

平田收正, 永瀬裕康

分離技術, 36, 74-78 (2006).


3.園芸植物を利用したファイトレメディエーション

宮坂 均、奥畑博史、平田收正

農業電化, 56, No. 11, 14-16 (2006).


2005

1.淡水性微細藻類を用いた排ガス中のNOx処理システム.

(NOx removal system for exhaust gas using freshwater microalgae)

永瀬裕康, 広岡孝志, 江原良枝, 山下梨沙子, 谷本聡子, 平田收正, 宮本和久

(Nagase, H., Hirooka, T., Ehara, Y., Yamashita, R., Tanimoto, S., Hirata, K., Miyamoto, Y.)

  1. J.Environ. Biotechnol., 5, 37-41 (2005).


2.    Biosynthetic regulation of phytochelatins, heavy metal-binding peptides.

Hirata K, Tsuji N, Miyamoto K.

J Biosci Bioeng. 2005 Dec;100(6):593-9. Review.


2004

1.    Phytochelatin synthase: catalytic mechanism and acquisition of its function during molecular evolution.

Tsuji, N., Miyamoto, K., Hirata, K.

in Recent Res. Devel. Phytochem., 8, Research Signpost, India, pp. 49-68 (2004).


2003

1.微細藻類の機能開発と環境保全への応用.

宮本和久, 平田收正

ファルマシア, 39, 871-875 (2003).


2002

1.排ガス中の窒素酸化物の除去.

宮本和久, 永瀬裕康, 平田收正

in 微生物利用の大展開(今中忠行監修), エヌ・ティー・エス, pp. 876-880 (2002).


2.  微細藻類を利用した物質循環型二酸化炭素固定および再資源化技術.

平田收正, 宮本和久

生物工学会誌, 80, 236-239 (2002).


2001

1.Cryopreservation of Armoracia rusticana P. Gaert., B. Mey. et Scherb. (horseradish) hairy root cultures.

Hirata, K., Phunchindawan, M., Sakai, A., Miyamoto, K.

in Biotechnology in Agriculture and Forestry, Vol. 50, "Cryopreservation of Plant Germplasm II" (edited by Towill, L. E. and Bajaj, Y. P. S.), Springer-Verlag, pp. 57-65 (2001).


2.Microalgal biotechnology for clean environments.

Miyamoto, K., Nagase, H., Hirata, K.

in "Photosynthetic Microorganisms in Environmental Biotechnology". (edited by Kojima, H. and Lee, Y. K.), Springer, pp. 87-96 (2001).


3.Hydrogen photoproduction from starch in algal biomass.

Ike, A., Kawaguchi, H., Hirata, K., Miyamoto, K.

in "Biohydrogen II". (edited by Miyake J., Matsunaga, T., and Pietro, A. S.), Pergamon, pp. 53-61

(2001).

原著論文Publications.htmlshapeimage_2_link_0
著書、総説、解説
Publications
研究業績
About the Lab
研究室についてAbout_the_Lab.htmlAbout_the_Lab.htmlshapeimage_5_link_0shapeimage_5_link_1
Research Projects
研究内容Research_Projects.htmlResearch_Projects.htmlshapeimage_6_link_0shapeimage_6_link_1
Members
メンバーMembers.htmlMembers.htmlshapeimage_7_link_0shapeimage_7_link_1
Pictures
研究室の様子Pictures/Pictures.htmlPictures/Pictures.htmlshapeimage_8_link_0shapeimage_8_link_1
学会発表などPublications_3.htmlshapeimage_9_link_0