大阪大学大学院薬学研究科
Graduate school and school of pharmaceutical sciences
応用環境生物学分野(平田研究室)
APPLIED ENVironmental biology labWelcome.htmlWelcome.htmlWelcome.htmlWelcome.htmlshapeimage_1_link_0shapeimage_1_link_1shapeimage_1_link_2shapeimage_1_link_3
 

 多くの植物は様々な環境ストレスに曝されることによって、浸透圧調節や活性酸素除去などのストレス緩和機能を果たす適合溶質プロリンを蓄積することが知られています。こうしたプロリン生合成調節機構の解明は、ストレス耐性植物作出に向けた重要な基礎的知見の提供に繋がることが期待されています。

About the Lab
研究室についてAbout_the_Lab.htmlAbout_the_Lab.htmlshapeimage_3_link_0shapeimage_3_link_1
Members
メンバーMembers.htmlMembers.htmlshapeimage_4_link_0shapeimage_4_link_1
Publications
研究業績Publications.htmlPublications.htmlshapeimage_5_link_0shapeimage_5_link_1
Pictures
研究室の様子Pictures/Pictures.htmlPictures/Pictures.htmlshapeimage_6_link_0shapeimage_6_link_1

プロリン生合成経路

 高等植物のおいて、プロリン生合成経路の律速段階を担っているのは、P5CSと呼ばれる二機能性酵素です。一方、大腸菌・酵母・微細藻類の場合、P5CSのN末端側、C末端側ドメインとそれぞれ高い相同性を示す二つの異なる酵素、GKおよびGPRによりプロリン生合成の第一および第二段階目の反応が触媒されています。当研究室では、プロリン生合成酵素の機能進化プロセスの解明を目指し、微細藻類由来のGKやGPRと高等植物由来のP5CSの比較解析を行っています。

関連する論文など


Isolation and partial characterization of the Chlamydomonas reinhardtii γ-glutamyl kinase.

Miyoshi K., Matsuura H., Kumon T., Matsuda K., Yoshikawa T., Bamba T., Harada K., Hirata K.

J Biosci Bioeng. 2011 Jul;112(1):75-8.

Research Projects
研究内容Research_Projects.htmlResearch_Projects.htmlshapeimage_7_link_0shapeimage_7_link_1