大阪大学大学院薬学研究科
Graduate school and school of pharmaceutical sciences
応用環境生物学分野(平田研究室)
APPLIED ENVironmental biology labWelcome.htmlWelcome.htmlWelcome.htmlWelcome.htmlshapeimage_1_link_0shapeimage_1_link_1shapeimage_1_link_2shapeimage_1_link_3
 

 フィトケラチン合成酵素(PCS)は、植物を主とした様々な真核生物に存在している酵素で、種間での保存性が高いN末端領域と、種によって大きく異なるC末端領域でできています。PCSは重金属に活性化されるという大変珍しい性質を持ち、重金属濃度依存的に二段階の反応でグルタチオン(GSH)を基質としてフィトケラチン(PC)というペプチドを合成します。このPCは重金属と複合体を形成することによって、有害重金属を無毒化します。

 PCSは今まで真核生物のみに存在すると考えられてきましたが、当研究室では、原核生物であるラン藻にもPCSと相同性の高い酵素が存在することを明らかにしました。このラン藻由来のPCS(NsPCS)は、種間での保存性が高いPCSのN末端領域のみを有し、C末端領域は持っていません。またNsPCSはPC合成反応の二段階のうち一段階目の反応のみを触媒します。しかし、このNsPCSがどのような生理機能を有しているかは未だ解明されていません。このNsPCSがどのような生理機能を有しているかを明らかにし、高等植物由来のPCSと比較解析を行うことにより、PCSの分子進化プロセスの解明を行うことを目的としています。







関連する論文など


Comparative analysis of the two-step reaction catalyzed by prokaryotic and eukaryotic phytochelatin synthase by an ion-pair liquid chromatography assay.

Tsuji N, Nishikori S, Iwabe O, Matsumoto S, Shiraki K, Miyasaka H, Takagi M, Miyamoto K, Hirata K.

Planta. 2005 Sep;222(1):181-91.


Characterization of phytochelatin synthase-like protein encoded by alr0975 from a prokaryote, Nostoc sp. PCC 7120.

Tsuji N, Nishikori S, Iwabe O, Shiraki K, Miyasaka H, Takagi M, Hirata K, Miyamoto K.

Biochem Biophys Res Commun. 2004 Mar 12;315(3):751-5.

 
About the Lab
研究室についてAbout_the_Lab.htmlAbout_the_Lab.htmlshapeimage_2_link_0shapeimage_2_link_1
Members
メンバーMembers.htmlMembers.htmlshapeimage_3_link_0shapeimage_3_link_1
Publications
研究業績Publications.htmlPublications.htmlshapeimage_4_link_0shapeimage_4_link_1
Pictures
研究室の様子Pictures/Pictures.htmlPictures/Pictures.htmlshapeimage_5_link_0shapeimage_5_link_1
Research Projects
研究内容Research_Projects.htmlResearch_Projects.htmlshapeimage_6_link_0shapeimage_6_link_1