大阪大学大学院薬学研究科
Graduate school and school of pharmaceutical sciences
応用環境生物学分野(平田研究室)
APPLIED ENVironmental biology labWelcome.htmlWelcome.htmlWelcome.htmlWelcome.htmlshapeimage_1_link_0shapeimage_1_link_1shapeimage_1_link_2shapeimage_1_link_3
 

関連する文献等

Comparison of three Chlamydomonas strains which show distinctive oxidative stress tolerance. Tanaka S, Ikeda K, Miyasaka H, Shioi Y, Suzuki Y, Tamoi M, Takeda T, Shigeoka S, Harada K, Hirata K. J Biosci Bioeng. (2011)


Isolation and characterization of a novel antistress gene from Chlamydomonas sp. W80.

Suda Y, Yoshikawa T, Okuda Y, Tsunemoto M, Tanaka S, Ikeda K, Miyasaka H, Watanabe M, Sasaki K, Harada K, Bamba T, Hirata K.

J Biosci Bioeng. 2009 Apr;107(4):352-4.


Comparative analysis of a CFo ATP synthase subunit II homologue derived from marine and fresh-water algae.

Suda Y, Yoshikawa T, Okuda Y, Tsunemoto M, Matsuda Y, Tanaka S, Ikeda K, Miyasaka H, Harada K, Bamba T, Hirata K.

J Biosci Bioeng. 2009 Nov;108(5):365-8.



関連するプロジェクト

環境再生・食糧増産への応用に向けた強ストレス耐性緑藻由来低温応答遺伝子の機能解析 

研究代表者:平田 收正

研究期間:2013年4月1日~2016年3月31日

研究種目: 科研費 挑戦的萌芽研究

About the Lab
研究室についてAbout_the_Lab.htmlAbout_the_Lab.htmlshapeimage_2_link_0shapeimage_2_link_1
Members
メンバーMembers.htmlMembers.htmlshapeimage_3_link_0shapeimage_3_link_1
Publications
研究業績Publications.htmlPublications.htmlshapeimage_4_link_0shapeimage_4_link_1
Pictures
研究室の様子Pictures/Pictures.htmlPictures/Pictures.htmlshapeimage_5_link_0shapeimage_5_link_1

 近年顕在化している地球規模の環境問題や食糧問題、エネルギー問題を解決するためには、植物を有効利用することが重要です。遺伝子組換えに代表されるような植物工学的手法を用いて、ストレス耐性植物を作出することが、植物生産性を向上させる有用な技術の一つとして期待されています。実用性の高いストレス耐性植物の作出には、優れたストレス耐性遺伝子の探索が必要です。そこで私たちは、その探索源として、海産性緑藻クラミドモナスw80株などの強ストレス耐性を有する微細藻類に着目しました。当研究室では、様々な環境ストレスに対して高い耐性を示す微細藻類から優れたストレス耐性遺伝子を探索・単離し、そうした遺伝子の機能評価などを通じて、環境問題や食糧問題の解決につながる優れたストレス耐性植物の作出を目指しています。

Research Projects
研究内容Research_Projects.htmlResearch_Projects.htmlshapeimage_8_link_0shapeimage_8_link_1