大阪大学大学院薬学研究科
Graduate school and school of pharmaceutical sciences
応用環境生物学分野(平田研究室)
APPLIED ENVironmental biology labWelcome.htmlWelcome.htmlWelcome.htmlWelcome.htmlshapeimage_1_link_0shapeimage_1_link_1shapeimage_1_link_2shapeimage_1_link_3
 
About the Lab
研究室について

 近年、経済社会活動の飛躍的な拡大に伴う温室効果ガス排出量の増加や森林破壊、様々な化学物質による環境汚染、世界人口の増加、さらには気候変動などを背景に、食や環境、生物資源に関わる多種多様な問題が顕在化している。こういった状況の中、“薬学”に求められる社会的役割は、医薬品の開発や適正使用による医療への貢献だけでなく、『環境の保全・修復』、『食の安全・安心の保証』、『生物多様性の保全と生物資源の持続可能性の確保』等を通じた『総合的な健康の維持・増進』にまで拡大している。応用環境生物学分野では、ヒトの健康、健全な環境、安全・安心な食が担保された持続可能な社会の構築に貢献することを目的に、多様な研究テーマに取り組んでいる。具体的には、高度分析機器を用いた生薬の品質管理法の開発、食品や環境の化学物質汚染の検出法や実態調査研究、さらには、生態系を支える光合成生物の分子レベルから個体レベルまでの機能解析と、その環境浄化や有用物質生産、環境再生、食糧増産への応用を目指した研究などである。

Research Projects
研究内容Research_Projects.htmlResearch_Projects.htmlshapeimage_4_link_0shapeimage_4_link_1
Members
メンバーMembers.htmlMembers.htmlshapeimage_5_link_0shapeimage_5_link_1
Publications
研究業績Publications.htmlPublications.htmlshapeimage_6_link_0shapeimage_6_link_1
Pictures
研究室の様子Pictures/Pictures.htmlPictures/Pictures.htmlshapeimage_7_link_0shapeimage_7_link_1
Top PageWelcome.htmlshapeimage_8_link_0