ライン

概要と研究体制について

ライン

ようこそ天然物化学分野のホームページへ!


 人類はこれまで、植物や陸棲微生物が産生する二次代謝産物(天然有機化合物)を医薬品やそのリード化合物として利用してきましたが、今、新しい探索資源として海洋生物が注目されています。
 私たちの研究室では、薬用植物資源のみならず、海綿など底生海洋生物や海洋微生物を探索源として、最新の分子生物学と有機化学の研究手段を駆使して新しい活性物質を探索しており、ガンや感染症などの難治性疾患、再生医療に利用可能な医薬リード化合物の創製を目指しています。また私たちは、発見した活性天然物質を単に医薬リード化合物として利用するだけではなく、生命機能を制御できる「生体機能分子」として捉え、有機合成による分子プローブの創製とこれを利用した未知の生命機能の解明を目指したケミカルバイオロジー研究も行っています。

サンプル

ライン

研究体制


 研究室の体制は、小林教授の統括のもと、荒井准教授を中心とする探索グループと、古徳助教を中心とする合成グループに分かれて研究を行っており、相互に連携しながら、上記目標の達成に向けて日々実験を行っています。研究室を巣立った卒業生が、最新の有機化学と生化学や分子生物学の知識・技術を持って、世界の第一線で活躍してくれることを願い、またその様に成長してくれるよう指導しています。
 決して楽しい事ばかりではないかもしれません。しかし一つ一つ現れる壁を乗り越えることにより成長します。実験が好きで天然物化学に興味があり、私たちと共に頑張れるガッツある学生さんを歓迎します。

<探索グループ>

 探索グループでは、バイオアッセイ系の構築とそれを用いた活性物質の探索研究を行います。海洋生物のエキスや微生物の代謝物から生物活性を指標にして化合物を単離精製し、NMR等の分析により化学構造を決定します。
 見いだした活性物質については、分子生物学や遺伝子工学等の手法を駆使して、作用メカニズムを詳細に解明するための研究を展開します。医薬シーズへの展開が見込まれる化合物については実験動物を用いたin vivo試験も行います。

サンプル画像


サンプル画像

<合成グループ>

 探索研究により見いだされる活性物質の多くはごく微量であり、化合物の供給には有機合成が必要となります。合成グループでは、最新の有機合成化学を利用して、探索グループが見いだした活性物質の全合成を行ったり、アナログ化合物の合成研究によって構造活性相関を解析し、実用的な医薬リード化合物の創製を目指した検討を行います。
 また、活性物質の作用メカニズムを解明するために、活性物質由来のプローブ分子を合成し、標的タンパク質の同定を目指した検討も行っています。

ライン

研究室生活


 研究室では、希望に合わせて探索グループもしくは合成グループのいずれかに所属し、担当教員や先輩学生の指導のもと、与えられた研究テーマに沿って実験を進めていきながら、有機化学や分子生物学の知識・技術を習得していくことが生活の中心になります。定期的に研究報告やセミナーを行うことで、研究を着実に進めていけるとともに、プレゼンテーション能力を身につけていくよう促しています。


<グループミーティング>

 約10日おきに、各グループごとに教授室に集まり、各自の研究の進捗状況や今後の計画などを報告し、教員たちとディスカッションを行います。
 生の実験データをもとに密な議論を行うことで、気づかなかった問題点が浮かび上がったり、逆に新たなアイデアが生まれたりすることにもつながります。

サンプル画像


サンプル画像

<コロキウム>

 2〜3週間おきに開催され、一人当たり約3ヶ月に一度、学会発表形式で自分の研究成果を研究室員全員の前で報告する会です。
 研究成果をまとめて、初めて聞く人にも理解してもらえるよう工夫して発表することを通して、就職活動などでも必要になるプレゼンテーション能力を養うことも目的の一つです。


<セミナー・勉強会>

 自分の研究テーマに直接関係することはもちろん勉強しますが、それ以外の基礎知識を習得することも必要です。天然物化学領域の最新の研究を知る目的で、同領域の最も権威ある学会「天然有機化合物討論会」の要旨集の輪読会を毎年行っています。
 それ以外にも、当番制で文献紹介を行うランチョンセミナーや、問題演習形式で有機化学の反応機構を勉強する会などを毎週行っています。

サンプル画像

ライン

年中行事


 1年間の主な行事と参加する主要な学会は以下の通りです。研究を頑張っていい成果を挙げた学生さんには国内外を問わず積極的に学会に参加して研究成果を発表してもらいます。また、不定期でグループごとに飲み会をしたりしています。

4月 年度初めミーティング、お花見
5月 いちょう祭、バーベキュー
6月 日本がん分子標的治療学会
7月 天然物化学談話会
8月 大学院入試、夏休み
9月 日本生薬学会年会、天然有機化合物討論会(要旨集輪読会)、International Symposium on Marine Natural Products
10月 日本薬学会近畿支部総会・大会
11月 天然薬物の開発と応用シンポジウム、食品薬学シンポジウム、メディシナルケミストリーシンポジウム
12月 OSCE(薬学科4年生)、博士論文発表会、長期課題研究発表会(薬学科6年生)、冬休み
1月 博士論文発表会、CBT(薬学科4年生)
2月 修士論文発表会
3月 卒業研究発表会(薬科学科4年生)、卒業式/学位授与式、薬剤師国家試験、日本薬学会年会

ライン


Copyright (C) 大阪大学大学院薬学研究科天然物化学分野 All Rights Reserved.