English

Home
研究テーマ
研究設備
原著論文
学会発表
総説・著書
研究費
研究室員

薬学研究科

学会発表
2014年

1) 辻野博文、柳坂亮太、能瀬梓早、山下沢、宇野公之
サイトグロビンの活性酸素種消去能と産生能
日本薬学会134年会(熊本)3.28
2) 山下沢、Z. Attia Tamer、A. Hammad Mohamed、佐藤匠、早崎瑛紀、宮本正芳、安原由樹、中村隆志、辻野博文、宇野公之
Contribution of oppositely charged residues to the drug metabolism of cytochrome P450 2C9 and 2C19
日本薬学会134年会(熊本)3.28
3) 村上剛将、桝田恵理、日高あかね、山下沢、辻野博文、宇野公之
ニューログロビンの配位子結合性とヘム可動性との関係
(ポスター賞受賞)
第24回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(京都)6.14
4) 柳坂亮太、辻野博文、花井舜平、山下沢、宇野公之
ONOO−の産生およびチロシンのニトロ化に対するサイトグロビンの影響
第24回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(京都)6.14
5) 成清由梨、堀井千明、山田麻由、辻野博文、山下沢、宇野公之
CYP2D6の薬物代謝に対するSNPsの影響 〜P420含量の補正〜
第24回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(京都)6.14
6) 川口亮太、長尾龍、野出純一、辻野博文、山下沢、宇野公之
CYP1A2における新たな基質結合過程の提案
第24回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(京都)6.14
7) 早崎瑛紀、佐藤匠、宮本正芳、安原由樹、Tamer Z. Attia、Mohamed A. Hammad、辻野博文、山下沢、宇野公之
CYP2C9と2C19の薬物識別に関わる72位及び241位残基の役割
第24回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(京都)6.14
[2005] [2006] [2007] [2008] [2009] [2010] [2011] [2012] [2013] [2014]

[Home] [研究テーマ] [研究設備] [原著論文] [学会発表] [総説・著書] [研究費] [研究室員]