知れば知るほど高まる興味 薬学の魅力があふれる授業

私は大学で「スポーツチャンバラ部」に所属しています。ちょっと変わってますよね。部員は少ないのですが、その分仲がよく、練習よりも飲み会が多いことも…。

こんな私が薬学部を志望した理由は、とても単純で、「薬剤師のアルバイトが高時給である」から。それを知って薬剤師に憧れる、という軽い気持ちからでした。でも、その後、薬学のことについて調べるうちに、薬が持つ影響力の大きさを知り、「自分も薬の開発や研究に携わってみたい!」という気持ちが生まれ、そこから本気で薬学部を目指すようになりました。

薬学部の授業は主に化学系・生物系・環境系という3つの分野に分けられます。それぞれの授業はその分野に属する研究室の先生、つまりその分野のトップクラスの方が担当してくださいます。授業内容もとても幅広く、自分が興味ある内容の授業も必ず見つかるはず。そして、私のようにどんどん薬学への興味も高まるはずです。配属先の研究室を決める上でも重要になるので、しっかりと受けておきましょうね!



受験勉強は長く、辛いもの。でも、あきらめなければ必ずいい結果につながります。勉強に疲れたときは合格の先にあるキャンパスライフをイメージして、モチベーションを高く保ち、最後までがんばってください!いつか会える日を楽しみにしています。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University