大変な勉強や研究も 毎日が楽しければ問題ナシ!

子どもの頃から生物や科学が大好きだった私。母親が薬剤師だったということもあり、薬のことに興味を持ち、薬学部を志望しました。

入学してすぐは、一般的な生物や化学について勉強も多くするのですが、学年が上がるにつれ薬理学、薬物動態学など、薬学部らしい授業がどんどん増えてきます。院生になると、授業よりも実験をする時間の方が多くなります。実はこれが正直言ってかなり大変なのですが…。「これが私の選んだ道!」とがんばって、真剣に取り組んでいます。

そんな大変な勉強の支えになってくれるのが、大学生活の楽しさ。高校生の時にはできなかったことがいろいろできるようになるんです。ひとり暮らしを始めたり、アルバイトをしたり、友だちと旅行に行ったり、そしてお酒を飲んだり! どれも初めての経験ばかり。この楽しさがあるからこそ、勉強に真剣に取り組めるのです。もちろん、お酒は20歳になってから、試験前はちゃんと勉強もしていますけどね…!



受験を控えているみなさんは、進路のことなどで悩むことも多いと思います。でも、困ったときはひとりで悩まずに、勇気を出してまわりの先生や先輩、友達に相談してみてください。きっと力になってくれるはずですよ。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University