社会が抱える深刻な問題を 解決するために知識を活かす

高校時代に、バイオテクノロジーやウイルスベクターといったものに興味を持ち、それについて学ぶことが可能と思われた大阪大学薬学部を受験しました。大学在学中には、それ以外にも薬物送達システムなどにも興味を持ち、研究室を選択する指針となりました。

現在は、独立行政法人において、医薬品の治験相談業務、審査業務、再審査業務等を行っています。具体的には医学、獣医学、薬学、生物統計等の各専門担当で構成されたチームが医薬品の承認審査を進めているなかで、自身が担当している部分の審査を行うとともに、チーム内の意見を取りまとめるという仕事を担当しています。

現在、日本で大きな問題となっているドラッグラグ。医薬品の早期承認が求められている一方で、拙速に医薬品を承認してしまうと、臨床現場に提供された後に副作用等による大きな問題となってしまう可能性があるという問題です。この問題を解決するためにも、バランスを取りながら、大きな責任とその分誇りも持って日々の業務に取り組んでいます。



大阪大学薬学部は、ソフト面、ハード面ともに非常に恵まれた環境があります。薬学教育を受けることに関しても、研究する場合においても、充実した学生時代を過ごすことができます。また、大阪大学は総合大学であるため、同世代で他分野の友人をたくさん見つけることができるのも魅力のひとつです。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University