一人でも多くの患者さんに笑顔を それが新薬開発の原動力

製薬会社の開発部門で、国内臨床試験のモニター業務を担当しています。私がいま携わっているのは、腎臓領域の薬の開発。仕事のやりがいは、なんといっても自分が担当した薬剤が厚生労働省に承認され上市されること。まだそのような経験はありませんが、その日を夢見て日々努力しています。

私が携わった薬によって笑顔になってもらえる患者さんを1人でも多く増やせるのだ、と思うと、たいへんな仕事もがんばれますね。新しい薬ができれば、治療の選択肢は広がります。自分が医療の進歩に貢献していることを肌で感じることができる、とても素晴らしい職場です。

いまの私があるのも、大阪大学で修士課程に入学した当初出会えた教授のおかげです。教授の熱意に感銘を受け、研究室を選択した結果なんです。ひいては、高校時代に私に大阪大学の魅力を教えてくれたOB・OGのおかげでもあります。そのたくさんの出会いに感謝しつつ、これからも新しい薬の実現に向けてがんばっていきたいと思っています。



大阪大学 薬学部は研究する場として非常に恵まれている大学だと思います。将来研究職ではなく、薬剤師あるいは開発職を希望する方に対しても研究経験は役立ちますし、有益な時間を過ごせる場だと思います。そのためにもコミュニケーション能力は非常に重要。今から意識して身につけるといいと思います。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University