大阪大学は、「地域に生き、世界に伸びる」をモットーとして、積極的に国際交流を推し進めています。2011年現在、学術交流協定の締結件数は、大学間協定92件、部局間協定366件に達しています。最近では、毎年1,500名を越える学者、研究者が大阪大学を訪問し、学術の交流を計っています。現在、大阪大学全体で約900名以上の、薬学部・薬学研究科だけでも20名以上の留学生が勉学・研究に励んでいます。

薬学部・薬学研究科の交流協定

薬学部・薬学研究科では、米国アリゾナ大学(2008年11月)と部局間協定を結び、教員・学生の交換、共同研究、シンポジウムの開催等による教育・研究の交流を計っています。また、共同研究による薬学部教員の交流実績がもとになって、ドイツ、ミュンヘン大学と大学間交流協定が1997年1月に締結されました。学会発表や調査研究などで海外に渡航する薬学部教員は、平成23年度には68件に及んでいます。
また、大阪大学薬学部創立50周年を記念した事業の一環として、各方面から寄せられた基金を活用した国際交流事業の推進計画も順調に進んでおり、インターナショナルフォーラムの開催、諸外国からの研究者や留学生の招へい、薬学部・薬学研究科からの研究者や大学院生の派遣事業も活発に行っています。

キャンパスでの国際交流

難しい表現はいりません。片言の英語でも外国人と話すことができ、それが理解されるとしたらどんなに楽しいことでしょうか。英語はもはやどこでも通用する国際語であることはいうに及びません。吹田キャンパスには国際教育交流センターや生物工学国際交流センター、豊中キャンパスには国際交流会館があり、どちらのキャンパスでも、国際交流が盛んです。英語で日本の文化を語り、一方彼らから各国の自然や文化について学びます。

国際交流科目
大学の授業の中には「国際交流科目」というのがあります。外国の提携大学の学生が、大阪大学で1年間、英語で勉強できるプログラムを、OUSSEP(Osaka University Short-term Student Exchange Program)オーセップといいます。このOUSSEPの開講科目を国際交流科目といい、大阪大学の学生ならだれでも受けることができ、留学生との交流の輪も拡がります。
  OUSSEP

このような経験を武器に、研究の国際舞台に進出します。薬学部・薬学研究科には、諸外国から著明な研究者がよく訪れ、英語で学術講演を聞くことができます。優れた研究成果は国際学会や外国の専門学会誌に発表します。外国からの留学の誘いも多く、特に大学院博士後期課程を修了すると、外国での研究のチャンスに恵まれます。このように薬学部・薬学研究科は、国際交流が盛んな学部の一つです。

大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6 TEL:06-6879-8144 FAX:06-6879-8154
Copyright © Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences, Osaka University